エステの求人に関するブログ記事― blog ―

おにぎりは冷めた米に第二の人生を与えている

お久しぶりになります。
Dejavu TOKYO 求人担当Y オフィシャルブログへようこそ。

ファンレターはエステDEバイトのお問い合わせフォームにお送り下さい。

一応言っておきますが嘘です。

さて、1ヶ月の沈黙を破り、Dejaブログが復活いたします。


いろいろ探している迷える子羊セラピスト、通称”マヨビスト”の方々が沢山へ向けて今日も発信していこうかと思います。

さて
マヨピストの方々、通称”マヨピス”の皆様は

とりあえず面接に行ってみる、という事をしたことございますか?

「入る気はないけど話だけ聞かせて下さい!」そういうマヨピスの方も沢山いらっしゃいます。

そのくらいの気持で面接に来ていただくのは大いに結構でございます。


なんなら

「この店があたしに合うかどうか面接したろか!」くらいの気持で来て下さい。

その方がお互いに腹を割って話せる+最初の段階でお互いに譲れないところをお話出来るので
結果長く働ける、居心地のいい職場になることが多いのです。

正直当店は閑散期なんかもございます。
全く暇なわけではありませんが、ある程度のお店さんにはあることだと思います。


ですがその時に

”お店にいろいろ相談できるのか”
”お店側から女の子にうまい提案を出来るのか”

がとても重要で
それが出来る関係というのは

”店とセラピスト間にしっかりと相談できる環境が築かれているのか”

という点がとっても大事です。

もちろんスタッフとマヨピスさん、”通称マヨピさん”との相性もあるので狙って出来るものではありませんが
当店はセラピストさんとの距離感をなるべく近く、親身に相談に乗れるような体制を取っております。

例えて言えば
ディズニーランドのキャストさんくらい笑顔でお話を聞かせていただいております。

もう心開きまくり、両手広げまくりです。

背が低い子には目線合わせまくり、ポップコーンのゴミはすぐに片付けまくりです。


一緒に働く仲間なんだからそれくらいは当然だと思っています。

仲間というか、ディズニー的に言えばキャストですね!

いっそのこと、お客様の事はゲストって呼びましょう!

お部屋の事はホーンテッドマンションって呼んで!
どうですか?

一緒に働いて、ポップコーンくらい弾けちゃったりなんかして!

お客様をオイルの海にスプラッシュしましょう!なんつって!





だーーーっはっはっは




あーーーっはっは



あーーーーーー





はぁー。。





はい。
嫌だったらやめましょう。

無理にとはいいません。普通に働くのも可能です。
むしろみんな普通のテンションで、普通に相談してくれます。

テンション高いキャストは僕だけです。みんなは普通に優しい人です。
ご安心下さい。


楽しく働ける環境作り、そしてしっかり稼げる環境作りはいつも頑張っていますので
あとは少しでも心に響くブログがかけるようになるだけですね!

それでは

マヨピス、通称”マヨ”の皆様からの沢山のご応募、お待ちしております!